TOP>医師との面談

医師との面談

面談について

ANK免疫細胞療法(ANK療法)によるがん治療は、治療法の説明を含めた医師との面談から始まります。面談(医療相談)には、事前予約が必要です。直接、ANK療法実施医療機関にご連絡ください。面談は、がんとの闘いをいかに有利に進めるか、患者と医師が知恵を絞り合う作戦会議です。ANK療法医が提案する治療設計に、ご納得いただき、治療に同意された時点で、正式な受診が始まります。

医療相談の目的は、ANK療法をご検討中の患者様に正確な情報を提供することです。また、ANK療法実施医師が、がんの状態を把握し、最も適切と考えられる治療の組合せや順序など、治療設計を立てていくことです。

面談できる医療機関

まずは、ANK療法実施医療機関の中でも、ANK拠点医療機関もしくは、準拠点医療機関に事前予約をお取りいただき、医師との面談(医療相談)を受けてください。

ご予約はこちらから(ANK免疫細胞療法 実施医療機関)

ANK免疫細胞療法を受診される場合は、面談された医療機関に治療同意書のご提出と治療費用のお支払をお願いします。
以降は、その医療機関が、ANK免疫療法の担当医となり、本療法に関する問い合わせから治療終了まで、一貫して患者様の対応をいたします。

面談時に必要なもの

治療設計をたてるにあたり、これまでの治療の経緯、診断履歴など、可能な限りの情報が必要になります。これまで診断や治療を受けられた医療機関様からの診療情報提供書をいただければベストです。ところが、主治医にどう話を切りだせばいいのかわからない、等、お困りの場合は、お一人で悩まず、まずは、お電話をいただき、どうすればいいのか、ご相談ください。

なお、お電話いただく場合でも、以下のポイントは、押さえていただいた方が、状況を把握しやすくなります。

  • いつ、どこで、がんと診断されたか、がんの部位や種類は何か。診断日、診断名
  • いつ手術されたか、今後の予定は、あるいは手術不能なのか
  • 転移や、正常組織への浸潤はどうか
  • 現在、みつかっている腫瘍の部位や大きさ
  • 放射線治療や、抗がん剤の治療を受けられたか
  • 投与された抗がん剤の名前(わかる範囲で)
  • 体力や、副作用の状況
  • 腫瘍マーカーを検査していれば、その種類とこれまでの数値

(腫瘍マーカーは、できれば検査年月日と数値を表などにまとめていただくとわかりやすいです)

以上は、あくまで「参考」です。以上をざっとご覧になられて、該当しない、とか、手元にない、忘れてしまった、よくわからない、等など、困ったな、という場合も、まずは、お電話いただき、ともかく「対話」を始めてみてください。

ANK免疫細胞療法治療の流れ(Index) に戻る