TOP>他のがん治療との併用

他のがん治療との併用

ANK細胞のがん細胞への殺傷性が高くても、体内にあるがん細胞の数が多すぎてはとても太刀打ちできません。免疫細胞療法は「免疫細胞」対「がん細胞」の戦いになるわけですから、「がん細胞の数」と「がんの勢い」「がんが戦いやすい性質かどうか」によります。

ANK細胞は、一つずつがん細胞を傷害していきます。また、体内に眠っている大量のNK細胞も、戦いに加わるよう、起こしてまわりますが、一斉に目覚めるまでには時間がかかります。その間、がん細胞も数を増やしています。結局、「数」と「勢い」の戦いになります。

がん細胞の増殖にブレーキをかけるホルモン療法剤や、新しいタイプの分子標的薬などは、うまく併用できれば、とても役にたつ「相棒」になります。他にも、がん細胞の数をざっくり減らせる治療は、いくつも知られています。こうした治療をうまく組み合わせ、一番がん細胞の数が減ったところで、ANK療法によって、とどめを刺しにいくのが、効率のよい治療と考えられます。

  1. 1. 外科療法(手術)との併用
  2. 2. 化学療法(抗がん剤)との併用
  3. 3. 放射線療法との併用
  4. 4. 分子標的薬との併用
  5. 5. 分子標的薬(抗体医薬品)との併用
  6. 6. ホルモン療法との併用

どのような治療法が望ましいかは医師とご相談の上、お決めください。

1.外科療法(手術)との併用

病巣は手術できるものであれば、除去したほうがより望ましいと考えます。がん細胞は1立方センチあたり10億個と言われています。 除去することによりがん細胞はかなり少なくなります。がん細胞が少なくなればANK細胞ががん細胞を限りなくゼロに近づけることが可能であろうと考えます。

手術前であれば、手術で取り出した生腫瘍によるCTL作成や各種検査を行うことで、治療の選択肢が広がります。まずは、ANK実施医療機関にご相談ください。

手術後の微小分散がんに対しては、ANK療法の特性を最も活かすことができます。取り残したがんを全滅させるという効果と、免疫監視機構を回復させることで、新たながんの増殖を抑えるという両面で、転移や再発防止効果が期待できます。

手術前にリンパ球を採取する場合

手術前にリンパ球を採取する場合の図
手術後にリンパ球を採取する場合
手術後にリンパ球を採取する場合の図

このページのTOPへ▲

2.化学療法との併用

化学療法後にリンパ球を採取した場合、薬剤によってリンパ球も損傷を受けますので、NK細胞を効率よく活性化・増殖させるには、時間がかかる場合があります。
そのため、できるだけ化学療法前にリンパ球を採取し、少しでも強いリンパ球を培養する方が有利です。

化学療法剤投与例1
化学療法剤投与例1の図

ANKが本来の力を発揮するためには、治療を継続的に行うことが重要です。但し、あまりにがん細胞の数が多い場合は、化学療法によってある程度がん細胞の数を減らすことで、ANKが数の上で優位に立てる可能性があります。

そのため、先ずは化学療法を先行して行い、化学療法による効果が減少してきたタイミングで
ANKに切り替えることが治療設計の基本パターンとなります。

しかし、化学療法を継続して行うほど、免疫系へのダメージが蓄積します。また、化学療法の休薬期間中、がん治療は何もできない状態となっているのが現状です。

そこで、化学療法の休薬期間中に、がん治療として、且つ、本来のANK治療に移行するまで、体内の免疫状態を支えることを目的として、ANK治療を行うことがあります。

がん治療の順番として化学療法が最後となった場合、免疫が叩かれた状態で治療は終了してしまいます。免疫療法の最大の効果を得るためには、化学療法の後に少しでもANKを残しておく方が好ましいと考えられています。

化学療法剤投与例2
化学療法剤投与例2の図

薬剤の種類と投与間隔により、ANKを点滴する間隔や点滴量も異なりますので、詳しくはANK実施医療機関にご相談ください。

このページのTOPへ▲

3.放射線治療との併用

放射線は化学療法剤と同様、がん細胞と正常細胞を区別することなく、増殖(細胞分裂)中の細胞を死滅させる治療法です。放射線や化学療法は発がん作用もあり、正常細胞ががん化します。そのため、放射線療法には、予め線量に制限を設け、所定量以上に放射線を浴びせることはありません。

放射線治療によってもリンパ球はダメージを受けます。化学療法ほどのダメージは受けませんが、できるだけ放射線治療前にリンパ球を採取し、少しでも強いリンパ球を培養することが推奨されています。

放射線療法と併用する場合、次の2つの考え方がありますが、詳しくはANK実施医療機関にご相談ください。

  • ・放射線治療後にANKを週2回継続して治療する
  • ・免疫力を回復させるため、1週間の最終照射後、週一回のANK治療を行う。

放射線治療との併用の図

このページのTOPへ▲

4.分子標的薬との併用

分子標的薬自身はがん細胞の増殖を抑えるもので、がん細胞を破壊しません。分子標的薬の投与によってがん細胞の増殖を阻止し、その間にANK細胞はがん細胞を破壊することができます。
従って、ANK療法を単独で行うより、分子標的薬と併用することで、効率よくがんを減らす事が出来ると考えられます。

しかし、分子標的薬は全ての人に使えるわけではありません。手術で取り出したがん組織の病理検査によって、適合する方に限られます。一部、血液検査が可能なものもあります。詳しくは、ANK実施医療機関にご相談ください。

分子標的薬との併用の図

このページのTOPへ▲

5.抗体医薬品との併用

がん細胞はある抗原から信号を受け取り、栄養を取り込んで増殖します。分子標的薬の中にはがん細胞の抗原にくっつきその信号を遮断する抗体医薬品があります。抗体医薬品を使いうまく遮断されれば、がん細胞は栄養の補給路を断たれます。いわば兵糧攻めができるわけです。しかし、抗体医薬品はがん細胞を殺傷する働きはありませんので、殺傷できるものと一緒に使用する必要があります。
また、抗体は本来免疫の一構成成分ですから、免疫同士で協力しあった作用が知られており、その中でも特徴的であるのが抗体依存性細胞傷害(Antibody- Dependent Cellular Cytotoxicity:ADCC活性)のことです。これは抗体とNK細胞が共同して行う細胞傷害活性で他のリンパ球、T細胞やB細胞には見られないものです。
(詳しくは下図のイラストを参照ください)

ADCC活性の図

従って、ANK療法を単独で行うより、抗体医薬品と併用することで、効率よくがんを減らす事が出来ると考えられます。

抗体医薬品の使用は、手術で取り出したがん組織の病理検査あるいは血液検査(血清HER2検査)によって適合する方に限られます。詳しくはANK実施医療機関にご相談ください。

抗体医薬品との併用の図


このページのTOPへ▲

6.ホルモン療法との併用

乳がんや前立腺がなど、ホルモンの影響を受けて増殖するタイプのがんについては、標準治療のひとつとしてホルモン療法が行われています。
ホルモン療法とANK治療は同時に行えます。ホルモン療法によって、がんの増殖を阻止し、その間にANK細胞はがん細胞を破壊することができます。
詳しくはANK実施医療機関にご相談ください。

ホルモン療法との併用の図

詳しくはANK実施医療機関にご相談ください。

ANK免疫細胞療法治療の流れ(Index) に戻る